DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2015年03月30日

十分に検討を要する「所属」という問題

先日、あるスタジオでナレーションの仕事をした時、録音エンジニアと雑談をしました。
途中、私が専門学校などで演技を教えている話になりました。
エンジニアさんが「そういうところの卒業生はDNA計画さんにも入るんですか?」とおっしゃったので、はたと気付いたことがあります。

確かに私どもDNA計画に来てくださってもいいのですが、この業界と言うのは「一旦どこかの事務所に所属した人間は他の同業他社事務所に移籍しにくいという現実」があるのです。

DNA計画は基本的に「フリーパフォーマーの集まり」というコンセプトがあります。
しかし、仕事を受注する上で、いわゆる多くの事務所と同じようにスケジュールやギャラの管理をします。
ただ、離籍することは原則として自由ですし、その後、「同業他社事務所」に移籍していただいてもなんら問題はないのですが、その「移籍先」が受け入れない可能性があるのです。
これは東京でも大阪でもほぼ同様の状態だと思います。

以上のような現実を考えると、おいそれと私どもDNA計画に参加していただくのも躊躇してしまいますね…とエンジニアさんには答えました

実は、なぜ「同業他社事務所」で受け入れないところが多いのか私にはわかっていません。
考えられることと言えば、たとえば…
「某事務所にいたときに何か問題を起こして移籍しようとしているのか」
「移籍させた後で某事務所ともめることにならないか」
「某事務所でやっていた仕事の報酬支払いでもめないか(報酬はずいぶん遅れて支払われることが多い)」
「そのタレントが某事務所時代に請け負っていたレギュラー番組を移籍後も続けてやると某事務所ともめないか」
ほかにも「なるほど」と思われる理由があるかも知れません。

私も大昔「移籍」した経験がありますが、たいていは相当な困難を伴いました
「結婚は勢いでできるけれど離婚は大変。そして、その後の事務所移籍よりも再婚のほうがまだ簡単
これが私の結論です(笑)

今後、どこかの事務所、プロダクションに入ろうと思っていらっしゃるかたは「骨を埋める」つもりで所属先を検討なさったほうがいいかも知れませんよ



posted by DNA計画 at 19:33| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

2015年無料体験講座「アテレコ(吹き替え)」講座開講のご報告

いよいよ無料体験講座の締め、「アテレコ(吹き替え)」講座です。
3分程度の外国のドキュメンタリー番組の吹き替えを体験していただきました
いわゆる完全な「吹き替え」ではなくオーバーボイス、つまり原語が聴こえ始めてからその原語が少しバックに聴こえる状態で日本語訳のセリフを乗せるという形式にしました。
台本にはタイムキャラクターを記入していますので、それでしゃべり始めのタイミングはわかるようにしました。
ただ、ある種のコツと言いますか、つい忘れがちなことなのですが、「しゃべり始め」はタイムキャラクターでわかりますが、「しゃべり終わり」は明確に表示されていないことが多いので、リハーサルで映像を見たときにちゃんと「しゃべり終わり」のタイミングをチェック(台本に書きこむ)しておくといいでしょう。
それでもアテレコ(吹き替え)というのは「タイミング」を外すとほとんどどうしようもないものです(笑)

「うぇっ! あ! おっ!…」と思ったらもう原語のほうは勝手に進んで行ってしまいます。
相当な集中力と思い切りと、そして事前の練習が必要ですね。さらには本番でコメントが変更されるのでそれへの対応力と、発音やアクセントなどの日常的訓練が物を言います。そして何よりも「演技」力です(笑)
これも「コツ」に近いことですが、映像に現れた人物と「同じ顔になろう」とすることで表現の手助けになります。

録音前に3回ほど通しで映像を見ていただき、タイミングや登場人物の表現を確認してもらい実際にアテレコをしてもらいました。いちおう全員にすべての役を担当してもらいました。
皆さん当てるのに四苦八苦なさったようですが、まあこれも「体験」です(笑)
今回の映像は収録した機材の都合上、受講生の皆さんにお送りできないので、収録する毎にモニターしていただきました。

さて、3月毎週4回にわたって開催した無料体験講座もこれで打ち上げです。
受講してくださった皆さんに心からお礼申し上げます。
4月からは今回の体験講座のような「ボイス系」講座と「演技」系講座の2講座を開講したいと考えております。
詳細は後日、「梯雲演戯ワークスタジオ」のHPおよび、このブログ(梯雲演戯ワークスタジオ塾長日記)でもお伝えいたします。

今回体験受講してくださったかたはもちろん、多くの皆さんのご参加をお待ち申し上げます。
ありがとうございました!!
(岩鶴恒義)
----------------------------------------
どうやら多くの体験受講生の皆さんのお陰で、無事「体験講座」を打ち上げたようです。
4月からの本講座にも多くの受講生が集まってくださることを心から祈っております。
岩鶴はそれなりに理論を持って説明しますので、きっと参考になることと思います。
まあ、大したことはないけど!(笑)
posted by DNA計画 at 09:49| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

パソコン・高音質・録音でご検索ありがとうございます!

お陰さまでこのブログの「パソコンで高音質録音する」というシリーズ記事がよく閲覧されているようです。
検索してくださったかたがたにお礼申し上げます

すでにご存じのようにパソコンを使って「とりあえず録音するだけ」ならチャット用のヘッドセットマイクなどを用いて、パソコンにプリインストールされている「ボイスレコーダー」機能や録音ソフトなどで録音することは可能です。
ただ、やはり「高音質」「きれいな音で録音」できるとは言い難いですね。私もヘッドセットで録音したことがありますが、ブ〜〜〜ンというベースノイズがずっと乗ります。

必要な機材を再度まとめて記載しておきます。(パソコンを除く)

●ちょっといいダイナミックマイク(¥5,000〜¥15,000。写真はSHURE SM58)
SM58-01.jpg

●小さなアナログミキサー(¥4,000〜5,000)
ミキサー全体.jpg

●密閉ヘッドフォン(¥4,000〜¥13,000。写真はSONY MDR-CD900ST)
sony_mdrcd900sta_2.jpg

●安いオーディオキャプチャー(¥3,000〜¥18,000)
behringer_uca202d.jpg

●ケーブル類やマイクスタンド(全部で¥4,000〜¥8,000)
ピンケーブル.jpg  ブームスタンド.jpg  マイクケーブル.jpg

以上の機材があればUSBに接続して「パソコンで高音質録音(デジタル録音)できる」はず………です(笑)
おおざっぱに予算を計算すると¥20,000〜¥60,000くらいですね。DNA計画の岩鶴が使っている機材は全部で¥50,000-くらいでした。もう15年くらい同じ機材を使っているようです。
個人的意見ですが、ポイントは、マイクとオーディオキャプチャーの間に「ミキサー」を挟むことです。これでかなり高音質録音が期待できます。
またミキサーがあればMDやCDなどの再生機器をつないでナレーション(朗読)にBGMや効果音もつけられますし、カラオケ練習もできます。
うれしいことにこれらの機材を使えば音声チャット(Skypeなど)でも驚くほどクリアな品質で通話できますよ!

しかし「できるだけ低予算で済ませたい」という向きにはBEHRINGER(ベリンガー)社の【PODCASTUDIO】というセット機材が便利でしょう。
br_pcstudiousb.jpg  behringer_podcastudiousb_4.jpg

これは1万円前後で売っています。でもセールスをやっているわけではありません(笑)
これは「高性能の機材」というわけではありませんし、マイクとヘッドフォンがチープですし、同梱されている簡易スタンドはあまり役に立ちません。が、PC録音するのに最低限必要な機材は揃っていて、しかも低価格と言う点においていいのではないでしょうか。
でも、やっぱりマイクスタンドは別にブームスタンドを使ってほしいですね〜。絶対そのほうがいいですよ!




posted by DNA計画 at 13:02| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

2015年無料体験講座「ラジオドラマ」開講のご報告

ラジオドラマは演出するのも録音するのも編集するのも、そして演技するのもむずかしい!!!

聴き手がどのようにちゃんと内容を理解し想像してくれるかを演出は十分考慮しないといけません。
大きな声の表現もあればモノローグのように小さな、ささやきのような表現でもちゃんと録音して音量レベルを最良にしなければなりません。
余計な音が録音されていないか、効果音はどこに、どのような音でどれくらいの音量でつけるかという編集。
そして、演技で使えるのは音声しかありません。

今回の「ラジオドラマ」体験講座では、発音やアクセントよりも演技に主眼をおいてもらおうと考えていました。
同時に、マイクワーク(マイクと口との距離をどのように変化させるかなど)や、マイクシェア(誰がどのマイクをどのタイミングで使うか)なども体験していただきました。
皆さん、一所懸命にいろいろとトライしてくださり、面白い録音ができたと思いますが、やはり「音声のみでドラマを作る」ということは奥が深く、相当な演技力が必要とされますね。
それも「声で演技表現する」というむずかしい課題です。
演技の基本は「役の思い」であると考えますが、ラジオドラマの場合はそこに「音声表現技術」も必要でしょう。発音があまりに悪いのはいけないかも知れませんが、だからと言って発音が明瞭であるとか、アクセントが正確だというのでもラジオドラマでいい演技ができるとは限りません。

昨今のラジオドラマについては演技も演出も、さらには録音を始めとして、効果音やBGMについても私は「はたしてこれでいいのか?」という疑問を持ってしまうことが多いのです。
脚本については「到底これではラジオドラマにはならないな」というものも大手を振って放送されています(笑)

俳優だからラジオ「ドラマ」で表現できると考えるのは早計でしょう。
ただ、「セリフを言えればいい」というものではないと思うんですがねぇ…。
また、発音がいいとか声がいいとか、ひどい場合は「売れっ子だから」というような理由でキャスティングするのもいかがなものでしょうか?

私もまだまだ勉強しないといけません。
録音したファイルは、今日の受講生の皆さんに聴いていただき、また参考にしていただくことにしましょう。

昔々、私の弟子がやはりレッスンでのラジオドラマで、すごくいい演技をしてくれたことがありました。
若い母親の役で、あどけないわが子をこの世に残したまま死んでいく場面です。
夫は彼女の手を握っているという設定です。(もちろん俳優は実際には握っていません)
ところが、私の弟子は「演技しているとき、まるで本当に手を握られている感覚があったし、手のぬくもりまで感じた」と言いました(驚)

演技とは…
これ、なのです。

次回は3月24日(火)、無料体験講座の最終回「アテレコ(吹き替え)」を開講します。
まだ受講枠に空きがありますので宜しければメールフォーマットでご応募ください。
(岩鶴恒義)
------------------------------------
なにやらわかったようなことを言っておりますが(笑)
でも、今年の無料体験講座もいよいよ最終回のようですからご都合のつく方はぜひ受講してやってください!
posted by DNA計画 at 08:18| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

2015年無料体験講座「朗読」講座開講のご報告

無料体験講座の2回目は「朗読」です。
6人+見学者1名のかたがたが参加してくれました!

まず私が作った「朗読・ナレーション・アナウンス」のそれぞれの違いをまとめたプリントを配布して、分担して読んでいただきました。これでおおざっぱにではありますが、それぞれの特徴をつかんでいただけたのではないかと思います。

今日から参加下さった受講生さんから「句読点はきちんと守って読まないといけないものか?」という質問がありました。これについては前回の講座でも解説しましたが、「音読」においては「意味の切れ目」でポーズが入るというのが基本です。日本の学校教育では「音読」においてすら「句読点」を守らせようとするのですが、句読点は「文意を理解しやすくするためのもの」です。
音読のコツは「いかに意味のまとまりで句読点をつけるか」ということです。

さて、教材の絵本をそれぞれに朗読していただきました。
録音ファイルはまた皆さんにお送りいたします。

課題点は以下のようなものです。

●原稿を机に広げてしまったために口がマイクから左右に離れてしまう。
●横書き原稿を手持ちにしていたために、1行目を読んでいるときの音圧が最終行に向かうに従って徐々に下がってしまう。

いずれも「最初に決めたマイク位置から離れたり寄ったりするので録音レベルが変化してしまう」ということになります。これは一般的な朗読やナレーション、ましてやアナウンスでは、ある種ご法度です(笑)
声がオンになったりオフになったりしますのでね?

あれ?
ん?
それって次にやる「ラジオドラマ」のテクニックですやん!!
しかも、かなり流暢な!!(笑)

ああ〜、もうすでにラジオドラマのテクニックをお使いになっていたということなのでしょうか?
それを見抜けなかった私は愚かです(笑)

改めて申しますが、次回3月17日は「ラジオドラマ」講座です。
今からでも受講申し込みを受け付けますので、皆さん奮ってご応募ください。
※メールフォームにリンクします。

(岩鶴恒義)
----------------------------------
あいかわらずいい加減な空気が流れていますね〜
まあ、宜しければラジオドラマ講座を受けてやってください。

posted by DNA計画 at 10:46| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

2015年無料体験講座「ナレーション(発声)」講座開講のご報告

いよいよ2015年度の無料体験講座の開講です。
第1回の講座は「ナレーション(発声)」です。

たった4人の受講生でしたが、時間配分が悪いのかほとんど「発声」のお話しはできませんでした(笑)
相変わらずダメですねぇ〜私は〜。そもそも90分のレッスンというのは無理があります。
やはり2時間はないと…ねぇ…(言い訳)
でも、そうなると教室代が…(言い訳)

ひとまず教材の原稿を読んでいただき、発音の難しいところや漢字の読みやアクセントを確認してもらい、録音いたしました。
今回の教材はスタンダードな映像ナレーション原稿です。
それほど難しくはなかったと思いますが、誰でもマイクに向かうと緊張するものですね。
そういう「緊張」についてはDNA計画ブログ『俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「緊張」』または『俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「思い切り」』をご参照ください。

私のレッスンを受講して下さった方はたいてい御存じなのですが、ナレーションでも朗読でも椅子に座った状態で、かつテーブルについて録音なさるときは、原稿は手で持たないでテーブルに置いたままの状態で読む習慣をつけたほうがいいでしょう。
ペーパーノイズを発生させないためです。
仮にそのような状態で読んでいる人を見ると「おっ、経験者だな!」と分かります(笑)
プロのナレーターは基本的に原稿を手に持ちません。

今回のナレーション音声は編集後、映像に貼りつけて受講生にお送りしますので、皆さん、ご自分のナレーションをご確認の上、改善点などを自分でも発見してください。

次回、10日の無料体験講座は「朗読」です。
絵本の一部を朗読していただきます。
現在、受講申し込みは6名です。まだ余裕がありますのでぜひこの機会にお申し込みくださいね!
(岩鶴恒義)
-----------------------------
受講のお申し込みは「梯雲演戯ワークスタジオ」のブログまたはHPから!!
宜しくお願いいたします



posted by DNA計画 at 17:01| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。