DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年02月09日

俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「緊張」

人前で何かをやるというのは多く「緊張」を生み出します。
厄介ですねぇ…
「自信を持って」と誰かに励まされて緊張せずにいられる人は幸いですが、「自信」は練習の質と量の裏付けがないと生まれて来ません。また、いくら多く練習したはずでも「どうしても緊張する」という人もいるでしょう。
その「緊張」の結果、たまたま事がうまく運べば、あるいは終われば万事よしかも知れませんが、それはギャンブルですし、また同じような場に遭遇すると「緊張」するかも知れません。
これは「根本治療」が必要です(笑)

そもそも演技に関係した場面で「緊張」するケースを考えてみましょう。
(ただし、技術面では十分練習を積んでいるという前提です)

舞台本番
オーディション
スタジオ収録(映像・音声)

などでしょうか。もちろん他にもあると思います。
特によく知らない人がその場にいると緊張しそうです(笑)
なぜなら「その人」が自分をどう評価するかわからないということが原因でしょう。実はそこに「緊張」の原因があります。

誰しも自分という人間や自分の行為に対して「いい評価」がほしいものです。いくら自分で自分のことを「評価」していても、舞台でもオーディションでも仕事でも「自分に対する評価は他人がする」ものです。そのことがどこかでわかっていると、自分の行為に対して「不安」がつきまといます。これが「緊張」の原因なのです。その結果、緊張のせいで思い描いていたパフォーマンスができなくて、さらに緊張が増すという悪循環に陥ることにもなりかねません。

「自分を良くみせたい」
それは自然な心のあり様だと思います。しかし、そこでその価値観を変化させることで「緊張」は「集中」に変化するでしょう。
つまり「自分」という価値基準から「他人」という価値基準に変化させるのです。
そこで、舞台や仕事の場合は「その作品を良くしよう」と考えます。
私はオーディションのときは「審査する人を楽しませたい」ということを念頭に置きます。
これはどんな仕事にでも敷衍できるのではないでしょうか?

プレゼンテーションなら「ぜひ、自分と違う意見がほしい(それでさらに企画が良くなるかも)」、セールスなら「できるかぎり顧客を喜ばせたい(売り込みより顧客の喜びを優先させる)」などです。

昔、ある朗読ライブパフォーマンスをやったときのことです。
ある朗読者が途中で何度か「かんだ(舌がもつれた)」のです。私は「ライブ」なのだからむしろそういう「人間的」な部分(読み間違い、舌のもつれ)を大切にしているのですが、その人はプライドが許さなかったのでしょうか、途中から手でリズムを取りながら、思い切り「巻き」で読み始めました。たぶん聴衆には作品の中身や味わいはわからなかったことでしょう。
私は「この人は自分のために朗読している」と思いました。

私たち俳優(声優)・ナレーターの「仕事」というものは基本的に「(他者に対する)サービス業」です。
お金の関与が少ない「芸術」も他者を喜ばせることで成り立ちます。

価値観を「自分」から「他人」に変化させることで、「緊張」を「集中」に変えてください。






posted by DNA計画 at 14:19| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。