DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年07月04日

芸術的な記者会見(笑)

すでに日本中、いや、世界中に笑いを巻き起こしている某県会議員の会見です(笑)

なんでも「議員の二つ目の財布」と言われている政務活動費をいい加減に使っていたのではないかという疑念に対して、その疑惑の議員自身が開いた記者会見です。

映像を見る限りでしか言えないのですが、この議員は記者からの質問に対してチグハグな、あるいは的外れな答えしかしていません。
ということは…
「人の話の要点を把握できない(=チグハグ)」
あるいは
「質問に対してまともに答える気が無い(=言を弄して、はぐらかしてしまいたい)」
という姿勢なのでしょう。

前者ならば、いささか知的な部分での発達障害という病理があるのかも知れませんし、後者ならば……見方にもよるかも知れませんが、「この国の政治家らしさ」は持っているのかも知れませんね(笑)
前者だとすると「議員」としての今までの、そして今後の活動に障害があるかも知れません。治療に専念なさったほうがいいかも知れませんね…。
後者ならば今の政権(←国の)にとってはいい人材かも知れません(笑)

たぶん本当の病気ではないのかも知れませんね…。きっと後者(できれば、ごまかしてしまいたい)ではないでしょうか?
そのゴマカシの根拠として「手引書」「議長からの手引書に沿って」という言葉が出てくるのでしょう。
要は、「私の責任ではなく議会および議長が決めたシステム、さらには県議会と私以外の県会議員の行動に問題」があって、「私自身の行為によるものではなく、県議会、議長、(自分以外の)議員のためにこんなに苦しむ羽目に至っているんだ」ということを言いたかったのではないでしょうか?
確かに「魂の叫び」ではありますが、自分勝手な叫びだということで(笑)

頭を深々と下げている間に「どうハグラかそうか」と考えていらっしゃったようですし、
やけに多い「え〜〜〜〜」という発話の辞の間を利用して「どう逃げようか」と考えていらっしゃったようでもあります(笑)

一方で、多くの方に笑いをもたらしてくださいました!
最近、心の底から笑えなかった私に活力を与えて下さいましたぁ!!
あんな記者会見は日本開闢(ニッポンカイビャク)以来、初めてではないでしょうかっ?!

でも……

自治体、国を問わず、差別的ヤジやファシズム的な発言および行動の続発する日本の議会です。
「議員」の人品(人格と品位)も地に落ちましたなぁ〜。
まるで私自身を見るようです(笑)
え………ええ?????

じゃ、私なんか議員に転職できるかも?!?!?!
知事…市長………う〜ん、いけるかも(笑)
あ〜〜〜でも先立つもの、選挙資金がないなぁ〜〜〜〜〜。
政務活動費の前借りってできないのかな・・・・・・・・。


posted by DNA計画 at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。