DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年07月23日

オーディションでのスルメ人間あるいはうどん、そして…タマゴォ?ォ?ォ?

仄聞したところ、就職の面接などで就職活動学生が、
「私は噛めば噛むほど味が出るスルメのような人間です」
と自己紹介するらしいですね?(笑)

面接担当の「あ〜〜、今日はスルメ人間が多いなぁ〜」と嘆いている声が聴こえてきそうです。

あ〜〜〜、でも、そういう比喩は私どもの業界(俳優、ナレーターなど)のオーディションでもよく耳にします。だいたいは「専門学校生」に対するオーディションで聞かれる表現です(笑)

「うどんのようなタレントを目指しています」
私ども「え? なんですか、それ? そもそも、なぜ〈うどん〉?」
「うどんは栄養があってぇ、でも胃に優しくてぇ、太く長くこの業界でやって行きたいと思うからです」
私ども「あーーーーーー……そういう意味ですか……」

「私はタマゴみたいな声優になりたいですっ!」
私ども「タマゴみたいって…どっちにしてもまだ〈タマゴ〉みたいなもんでは…?」
「タマゴは栄養があって、いろいろな料理法があるし、安くて使い勝手があるんです」
私ども「あーーーーーー…タマゴはそうですね、確かに…。タマゴはね…」
「殻を破るという意味もありますっ!」
私ども「あーーーーーー…てっきり〈殻に閉じこもる〉という意味かと思った、ははは」

面接担当が「あなたをモノに譬えるとなんですか?」というような質問をするのでしょうか?
私どもはオーディションでそんな質問はしませんが、「自己プレゼン(PR)してください」と言いますと、こういう「食品」に自分を譬えて話す人に多く出会います。
あれって…何なんでしょう?????

専門学校の「オーディション対策」みたいな授業で、ああいうことを教えていらっしゃるのでしょうか?

もちろん私どもは「スルメ」「うどん」「タマゴ」人間は採用しません(笑)
いずれにしても「紋切り型」「パターン」「類型」をやるような人はこの業界では無理でしょう(笑)
どんな現場でも毎回求められる表現が違いますので、そういう決まり切った型をやる人には無理だと判断するのです。

「自分は周りを円滑に動かす潤滑油みたいな人間です」とか
「空気みたいな存在の声優になりたい」とか
「水のように変幻自在の」とか
というのもあります(笑)
で、そういう人に限って「○○さんみたいな声優になりたいです」とおっしゃいます。
でも、それなら○○さんを起用します(笑)

「周りの人の笑顔を見るのが好き」というのも多いですねぇ〜。
ついでに「笑顔にしたい」もかなり多い(笑)

もっと本音で、本質的なことを、自分の思考や人格から生まれた言葉で自分を語れば良いのではないでしょうか?

ウケを狙ったり、奇を衒ったり、マジメさを装ったりというのはやめたほうがいいと私は思います。

私も昔、映像出演のオーディションを受けましたが、どういうことを話したかと言いますと…
「演技はあまり得意ではありません。好きなんですが、あまりウマくないように思います。え? やりたい役…ですか? う〜ん、どんな役をやりたいかということは特になくて、まあ、来た役をちゃんとできるように努力しようとは思いますが、なにせ演技がヘタなのでやれるかどうかは現場に行ってみないとなんとも…。え? 今までにやった役ですか? まあ…ヤクザだったり、かと思えば刑事だったり、普通の気のいいお父さん役であったり…ははは、とにかく来た役を一所懸命に演じるだけです、ハイ」
こんな調子です(笑)

え?
「そんなんじゃオーディションに受からないだろう?」って?
いやいや、そうでもありませんよ。半分くらいは採用されていたように思います。
採用されなかったのは先方さんが描いているイメージとたまたま違っただけでしょう。

これから俳優・声優・ナレーターのプロダクションや養成所のオーディションを受ける方にアドバイスを送ります。

妙にニコニコする必要もありません。
だからと言って相手様をにらみつけてもいけません。
採用されるかされないかは相手様の都合もあります。
相手様に失礼にならないような服装やメイクで、誠実に、本音をお話ししましょう。
そして、実技オーディションでは目いっぱい楽しんでやることです。




posted by DNA計画 at 01:13| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。