DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年08月01日

ボイスサンプル(サンプルボイス…かな?)

俳優(声優)・ナレーターはボイスサンプル(サンプルボイス…かな?)を製作する機会に絶対遭遇します。

それは所属している事務所の製作方針などもあって、「こんな風に作ればいい」というマニュアルはありません。事務所ごとにマニュアルが違うのです。

A事務所は…「アナウンスを必ず入れるべし」と言うかも知れません。
B事務所は…「アニメキャラクターみたいな声のサンプルを入れろ」と言うかも知れません。
C事務所は…「セリフ(独り芝居)を入れろ」と言うかも知れません。
D事務所は…「自分の方言のセリフ(あるいはナレーション)を入れろ」と言うかも知れません。
E事務所は…「落ち着いた、しっとりしたナレーションを入れろ」と言うかも知れません。

要するに、その俳優(声優)・ナレーターの「個性」や「技術」を録音するべしというのがサンプルボイス(ボイスサンプル…かな?)の目的です。

私どもDNA計画もサンプルボイスを製作します。
その場合に絶対「入れるべき」なのは、
@地声によるナレーション(声を作らないで、普通に発声する)
Aいわゆる「響きのある、いい声のナレーション」
B元気のいいナレーション
C自分なりのアニメキャラクター(幼児、男の子、女の子、少女、青年、おばあちゃん、おじいちゃん)
Dその人の「方言」で読んでいるもの。
E得意な表現(外国語でもいいし、モノローグでもいいし、歌でもセリフでもいい)


と、いうところでしょうか。

これら「表現スタイル」はDNA計画が「営業上、最低限必要と思われるもの」という考えで録音をお願いしているものです。
しかし、タレント個々に得手不得手がありますので、どれも無理強いはしません。それでも最低限6つのうちの3つくらいはほしいところですね(笑)

ただ、「自分がやりたい」あるいは「自分では得意だと思っている」ものと、第三者、たとえばマネージャーなどが「武器(仕事)になる」と思っているものとは、異なっている場合が多いのです。若い人、新人ではそういうことが多いと思います。
そういう観点でサンプルボイス(ボイスサンプル…かな?)を考えると、「自分の技量と特性を知ってくれている」有能かつ信頼できる人(マネージャー、先生、先輩)にアドバイスを求めたほうがいいでしょう。

何事も自分ひとりで決め打ちしないことが重要かもしれませんよぉ〜〜〜〜〜〜〜!


posted by DNA計画 at 02:32| Comment(0) | サンプルボイスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。