DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年08月08日

俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「サンプルボイス原稿」余談【映像的ボイスドラマ】

こんなラジオドラマ(ボイスドラマ)を例に挙げます。
---------------------------------------

   SE飛び込んでくる足音

@「見て下さい! 今、こんなものがっ!」
A「何です、これ?!」
B「調べますか?!」
C「お願いします」

   SE バタバタと動き回る足音。

D「どうしたんだ?」
E「まだ何も…」
F「何かわかったらすぐに報告してくれ!」

   SE去っていく足音

G「そんな…まさか…」

---------------------------------------
さて、皆さんには状況や人物関係その他、わかりますか?(笑)
どのセリフを誰がしゃべっているのでしょう?
男性か女性かくらいの違いは音声でわかるのかも知れませんが、なにがなにやらサッパリわかりません。
そもそも「足音」のSEがある時点で私は「ははぁ、素人が書いたな」と判断します。素人がラジオドラマを書くとやけに「足音」のSE指定が多いものです(笑)
SE(効果音)は、必要最少限(それがなくちゃどうしようもない、というもの)にしましょう。
ついでに言うと多重させるときでも、重ねるSEは3つ以内に収めたほうがいいと思います。

このドラマ、そもそも誰が何をしゃべっているのかわかりません。
書いた人は「声でわかる」というかも知れませんが、まず無理でしょう。初めて聴いた人にはどれが誰の声やらわかりません。しかも場面がやけにバタバタしているようです。

そもそも@〜Gで、明らかに同じ人がしゃべっていると推測されるのは、DとFくらいでしょうか?
それもおそらく「男性」という設定でしょう。
なぜなら日本語のドラマでは男性語と女性語を使い分ける習慣があるからです。
もし書き手がこの人物を女性に設定しているなら、Dは「どうしたの?」で、Fは「何かわかったらすぐに報告して(このあとに「ちょうだい」がつく可能性もある)」となるでしょう。
すなわち日本語のドラマでは言葉遣いで性別を説明しているということが言えます。
そして、なによりこのドラマは「映像的」=「映像がないとわからない」、ということが言えます。
場所もわからなければ「これ」が何かもわからない。どんな人物が登場していて、何をやっている人たちなのかもわからない。ついでに言うと性別もおおよその年齢もほとんどわからない。
すべては書き手だけがわかっている、のです(笑)

日本では「セリフをしゃべりすぎる舞台(映像)」や、反対に「映像が無いとわからないラジオドラマ(ボイスドラマ)=映像的」が多すぎるように思います。

ボイスサンプルはその声優、ナレーターの声質や表現の幅を聴いてもらうのが目的ですから、あまり内容にこだわらなくてもいいとは思います。
しかし、日本語の文章に基づいた「音声のみの表現」なのですから、特にセリフは、説明的にならない、映像的にならないようにしたほうが効果的だと思います。

いいサンプルボイスを製作してください。






posted by DNA計画 at 00:02| Comment(0) | サンプルボイスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。