DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2014年01月30日

イメージダメダシ

喉を閉めない!
喉を開く!
おなかから声を出す!
舌が短い(長い)?
口を開いて〜!
クリアにしゃべる!
声を粒だてる!
声を頭の後ろからこう〜(と、手のひらを後頭部から頭頂部を経由して前に)
etc.etc.

「発声」の訓練では以上のような「イメージダメダシ」が多いようです。
それで教わる側が「ピン!」と来て、発声が改善できればいいのですが、それがうまく行かない人に教えるにはやはり具体的に機能面から説明してやらないといけないでしょうね〜。
問題は先生がその説明をちゃんとできるかどうかです(笑)
あ、ちなみに「舌が短い(長い)」ということは普通ありません(笑)


演出などではイメージ語もさることながらオノマトペが頻出することもあります。

「そこはもっとガーッとなってバーンとやって」
「グッときたらガガーンとなるはずだからビシッと返して!」
「パパッと来てサッと動いてビビッとなったらピョ〜ン」(最後はワケがわかりません)

う〜ん、演出の頭の中には「イメージ」があるのでしょうけれど、それをちゃんとした言葉で説明できないといけませんなぁ(笑)
イメージ(右脳)優先で言語(左脳)が貧しいのかな(笑)
ヒドい演出になると「手本」をやって見せ、「この通りにやって」と言い出すこともあります。こうなると「俳優の個性」なんぞそっちのけ、俳優の「操り人形化」ですね。もっとも自ら「操り人形」になりたがる俳優もいます。そのほうが考えることがなくて楽なのでしょうね。
演技は「表現」ですから絶対的な正解がありません。無形のものです。やるたびに違うものです。
しかし、だからこそ面白いのです。それは見る側にとっても演じる側にとってもです。

発声も演技も「先生」をやるのはむずかしい…
さらに「ちゃんとした先生」に出会うのはもっとむずかしい…


posted by DNA計画 at 17:10| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

巻きナレーション練習用素材

前回、タレントの岩鶴が主宰する「梯雲演戯ワークスタジオ」の無料体験講座についてご案内しました。
この無料体験講座の自主製作CMはYouTubeにアップしていますが、ナレーション抜きの練習用素材もあわせて製作しました。
かなりの巻きナレーションですが、よろしければトライしてみてください。
映像が始まったらすぐに読みはじめます。




【ナレーション原稿】
梯雲演技ワークスタジオ
無料体験講座、開催!

3月毎週火曜日、ご覧の4講座を開講。

「体験」と言っても本格的な内容の90分!

「声の表現力アップ」のヒントを手に入れませんか?

詳しくはHPまたはブログで!


------------------------
テレビCMというのはだいたい15秒枠で製作されますが、冒頭と末尾に0.5秒ずつの余裕を持たせるため、ナレーションは13秒台(14秒未満)に収めます。
今回のナレーションもよほど巻かないと(早口にしないと)映像内に収まりませんが、実はナレーション収録後に録音ファイルをこまかく編集して13秒台に収まるようにしていますふらふら

ですから収められなかったとしても実はそれほど大きな問題ではありませんが、やはりそれなりの「巻き」でないといくら編集しても収まらないかも知れませんね。

テレビCMは「巻き」が多いので、ぜひこの映像で練習してください!





posted by DNA計画 at 21:10| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「タイムキャラクター」2

今回は実際の映像作品にナレーションを当ててみましょう。

まずは原稿です。

原稿のコピー.jpg


上の原稿画像をまずは印刷するか、右クリックして「別ウィンドウ」で開けましょう。

さて、用意はよろしいでしょうか?

このナレーション原稿を当てるべき映像はこれです。




まずは、やはり冒頭の「ナレーション原稿」をプリントアウトまたはメモなどに書きとめくださったほうがいいでしょう。
それを手に、映像を再生して、指示にしたがってナレーションをしてみてください。
1回目はキューランプが出たら読むという通常のスタジオ録音現場をシミュレートしています。
ちなみにキュー(原稿にはQ1というように表記。Q=questionではありません)はディレクターが出します。
2回目は00:00というタイムキャラクターに従って読みます。
これは場面によってキューのタイミングが合わなかったり、キューを出している(待っている)と遅くなったりする場合に実際の現場でも執る方法です。

初心者のかたはタイミングを合わせるのが難しいかも知れませんが、ナレーション現場をシミュレーションできる良い訓練になると思います。

(オリジナルのYouTube映像は、コチラ


いずれにしても「原稿」を印刷してから練習してくださいね!





posted by DNA計画 at 01:32| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

個人レッスンをしました

今日は1時間の個人レッスンをしました。(画像は撮影していません。ご了承ください)
受講者さんは近々、ライブでブルースギターに合わせて詩の朗読をなさるそうです。

私には事前に朗読する予定の原稿を送っていただきチェックをしておきます。
そして今日は、私のアドバイスも含めて、練習をすべてMDに録音するというスタイルで行いました。
だからマイクは受講者さんと私の分2本を立てます。

テーブルに向かいあって、MDの録音を開始して、読み始めていただきました。

ご本人は「朗読以外にブルース演奏やダンスパフォーマンスもあるので詩の朗読は淡々としたほうがいいかと思う」とおっしゃって読み始められましたが、聴いてみると、やはりどうなのかなという疑問が湧きます。
詩の内容も差別され、虐げられた黒人の語りですし…。

「ブルースギターをバックに朗読する」ということを考えると、やはり表現の味付けを濃くしたほうがマッチするのではないかと思い、そのようにアドバイスしましたら、すぐに「読む」から「語る」に変化し、表現も大きくなりました。
私が感心したのは、そのように表現を大きくしてもらったら、言葉の内容に応じて本を持っていないほうの腕が動き始めたことです。
心が動けば言葉だけでなく身体も表現したくなる
と、言うことですね。

時間切れで最後の作品まで読んでいただくことはできませんでしたが、8割方の作品を読んでもらい、すべて録音できました。録音したMDをモニターしてもらい、また表現について考えていただきましょう。
あとはライブの成功を祈るばかりです(笑)
-------------------------------
〈受講者さまからの感想メール〉
本日はありがとうございました。
ひとりで練習をしていて、しっくりきていなかったのですが、
すっきり出来て感謝しています。
マイクの件(※)などは、改めてチェックしてみます。
どうもありがとうございました。

※マイクワークのことと、マイクのセッティングについてアドバイスしました。
--------------------------------
個人レッスンいかがっすかぁ〜〜〜〜〜!
posted by DNA計画 at 23:04| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。