DNA計画では登録タレント(俳優・声優・ナレーター)を随時募集中!
希望によって発声やナレーションのレッスンも受講できます。まずはメールでお問い合わせください。左下にある「メッセージを送る」からご連絡ください。 必ずご返事いたします。

DNA計画代表の真藤久峰子です!
幅広い年代を対象に、幅広い表現分野を指導します!
演技や、朗読、アテレコなどに興味のあるかたはぜひ「
まふじ演技スタジオ」に遊びにお越しください!!

まふじ演技スタジオ連絡先.jpg ←連絡先

2016年01月29日

俳優(声優)・ナレーター初心者コツ講座「アクセント辞典」

プロナレーターにとっての必需品は何だと思いますか?
私は初心者のかたによくそれを質問します。
回答には「財布」「携帯電話」「ヤル気」「スケジュール帳」などさまざまにあって面白いものです(笑)
確かに財布を忘れてくると電車にも乗れないかも知れませんね(笑)
携帯電話がないと生きていけない人は多いようです(笑)
「ヤル気」ってwwwww
プロに「ヤル気」はほとんど必要ないんです。ご存知でしたか?www
「ヤル気」もあったほうがいいでしょうけれど、それよりプロにとってもっと必要なのは「技術」と「責任感」ですwww
スケジュール帳は「売れっ子」なら必要かも知れませんが、いずれにしてもスケジュールは事務所に確認しなければならないのであまり必需品ではないかも知れません。

私は「アクセント辞典」「筆記具」「飲料水」そして「名刺」だと考えています。

アクセント辞典は大きく分けて「新明解日本語アクセント辞典」(三省堂)と「NHK日本語発音アクセント辞典」(NHK出版)がありますが、関東圏以外の人には三省堂版をお勧めします。なぜならアクセント法則についての付録が充実しているからです。
三省堂とNHK.JPG
三省堂版は新本なら¥3,800くらいだったと思います。発音例のCDも付録であったように思いますが、CDが付録されていない第二版以降なら古本でもいいと思います。古本なら第二版で¥1,500程度です。
電子手帳などには「アクセント辞典」がインストールされているものもあって、軽くて便利ですが、これはNHK版ですので、やはり関東圏以外のかたにはお勧めしません。東京の声優さんなどはこの電子手帳を携行している人が多いようです。
面白い話ですが、NHKに仕事で行くときはNHK版のアクセント辞典を携行し、それ以外なら三省堂版を携行している声優さんもいらっしゃるようです。
「仕事」は神経を遣いますなぁ〜!!(笑)

変わり種というほどでもありませんが、ときおり古本屋さんで第1版の三省堂アクセント辞典を見つけることもあります。
三省堂初版.JPG
ハンディでいいのですが、さすがに収録語数は少ない(笑)
値段は¥800前後でしょう。

すでに絶版となっていますが、面白いのは東京堂出版の「全国アクセント辞典」です。
東京堂.JPG
何が面白いって、動詞などは活用の用例が表示されており、かなり詳しく説明されています。
絶版前には¥8,500くらいしたと思いますが、古本でも¥5,000前後でしょう。

もっと収録語数がほしいとお思いのかたには「日本国語大辞典(小学館)」をお勧めします。
古本なら¥10,000〜20,000くらいではないでしょうか。全10巻(縮刷版)か20巻ものです(笑)
私が新本で買った縮刷版は¥100,000くらいした記憶があります。
それが…いまや…¥10,000…

俳優・声優・ナレーターを目指す方はぜひアクセント辞典をお持ちください!


posted by DNA計画 at 00:35| Comment(0) | ナレーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

「クリスマス朗読パーティ」の打ち上げと別企画のお知らせ

DNA計画のタレント岩鶴恒義が企画した「クリスマス朗読パーティ」は多くのお客様のご来場を得て、無事打ち上げました。
4回公演で満席の120名様を予定していたところ、最終的には152名のお客様にお越しいただいたそうです。お越しくださったお客様には窮屈な思いをさせてしまったと岩鶴も悔やんでおりました。どうか許してやってください。
それでも多くのお客様が感動してくださったと喜んでもおりました。
ご来場くださったおお客様に心からお礼申し上げます

さて、その岩鶴が関与する別な朗読劇のご案内です。
-------------------------------------------------------------
【朗読劇】「阿弖流為(アテルイ)」のご案内
(岩鶴恒義)

私が関係しております大阪芸術大学放送学科〈声優コース〉の公演のご案内です。

歴史と言うのは常にその時の権力者、為政者の都合の良いように記述されることが多いものですが、はたして事実と真実はどこがどう違うのでしょうか?
阿弖流為(アテルイ)は今でいう、東北、岩手に実在した人物のようです。日本列島征服を目指す、平安時代の「大和朝廷」に抵抗した勢力のリーダーです。平和に暮らしていた当時の東北の民(大和朝廷は彼らを蔑んで「蝦夷」(エミシ)と呼んでいたようです)を力づくで従わせようとした大和朝廷との戦いの中で、アテルイがめざした「平和」とはなんだったのかというのがテーマです。
ちなみに自ら大和側に投降したアテルイと、盟友の母禮(モレ)は、大阪府枚方市の牧野公園あたりで「反乱軍の首謀者」として処刑されたようです。牧野公園や京都の清水寺には「アテルイとモレの碑」があります。
若い学生たちがアテルイの心を現代に蘇らせようと日々、練習に励んでおります。

私は演出をするわけではなく、気のついたことを学生の皆さんにアドバイスしたり、スタッフワークの相談に乗ったりというのが主な役割です。
どこの学校でもそうでしょうけれど、衣裳、大道具、小道具、音響、スライド、チラシデザイン、メイク、記録、制作など、すべてのスタッフワークを学生の皆さん全員でなさいます。

公演日は2016年2月17日(水)です。ぜひご観劇ください!

アテルイちらし表.jpg  アテルイちらしウラ.jpg

このチラシデザインももちろん学生の手によるものです。

さて、まずは「チケット(無料)」の入手方法です。
●大阪芸術大学「放送学科合同研究室」あてにメールでお申し込みください。
  housou@osaka-geidai.ac.jp
●件名には「アテルイチケット希望」とお書きください。
●本文には❶申し込み者のお名前、❷観劇希望公演班の別(A班、B班)、❸ご希望枚数、❹ご連絡先電話番号をご明記ください。

これでチケットを取り置いてくれますが、完売している場合は御容赦ください。

次に「大阪芸大までの行き方」です。
チラシ画像にもありますが、単純に言いますと「近鉄阿部野橋駅から準急に乗って喜志(きし)駅で降り、そこから無料スクールバスに乗って大阪芸大まで」ということです。

❶近鉄・阿部野橋駅に行きます(ハルカス1階)。
❷券売機で片道400円の切符を買います。
❸改札を通って、3番線または4番線から発車する「河内長野行き準急」に乗ります。確か、毎時04分と34分に発車していると思います。後ろから3〜4両目くらいに乗るといいでしょう。(途中の駅で後ろの車両を切り離すことがある!)
❹乗車時間は約20〜25分です。道中、田園風景をお楽しみください。
❺「喜志(きし)」駅に到着したら「東出口」から出ます。
※ここからは大学のサイトに詳しく紹介されていますのでご参照ください。私も最初はこの「喜志駅から芸大まで」という行き方映像を参考にしました。
❻大学が運営する無料スクールバス(切符も何も要らない)に堂々と乗れば、大学まで乗せていってくれます。乗車時間は約10分です。東出口近くの民営、金剛バスでも「芸大前」に行けます。

大阪芸大に到着しましたら「芸術劇場」までの進行方向(ほぼまっすぐ歩く)が立て看板などで表示されているはずですので、それをご参照ください。歩いて…10分くらいでしょうか…。結構遠いですね。いい運動になります(笑)

これから本番に向けていよいよ追い込みです。
公演の成功を祈ってやってください!!
----------------------------------------------------------------
公演会場である大阪芸術大学内の「芸術劇場」は素晴らしいホールです。
客席は400席ほどしかないのですが、舞台の奥行きがかなりあるそうで、「まるでヨーロッパの劇場みたいだ」と岩鶴が申しております。
大阪芸大まではいささか遠いのですが、ぜひお出かけください。


posted by DNA計画 at 15:39| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

「2015クリスマス朗読パーティ」のお知らせ

DNA計画参加タレントの岩鶴恒義が「クリスマス朗読パーティ」を開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。
岩鶴が指導している塾の塾生や、大学生やそのOB、そしてプロのナレーターも出演するそうです。
ぜひ、皆さんお誘い合わせのうえご来場ください。
-------------------------------------------------------------
いつぞやお知らせしましたが、本日、正式に「2015Narration Performance in Christmas VOL.4」の開催をお知らせします

2015クリスマス朗読パーティちらし表  2015クリスマス朗読パーティちらし裏

今回は2010年に初演をした私のオリジナル『クリスマスに贈る物語「パクさんのリアカー」』を初めて再演します
1時間あまりの長い朗読劇ですが、きっとお越しになった皆さんの胸に響くものがあると思います。初演では多くの方が感動の涙を流してくださいました
ほかにもう1作品、これは楽しい絵本の朗読をします。
ぜひ、皆さんお越しください。
入場無料の上、会場ではフリードリンク&フードをお楽しみいただけます
出演者はもちろん、お客さまもご一緒に楽しい「朗読パーティ」にしたいものです。

ただ、座席が30席程度しかないので、御来場くださるかたにはできるだけ「座席予約」をしていただいております。詳細は上記画像のチラシでご確認くだされば幸いです。宜しくお願いいたします。

私の塾の塾生も数名出演しますので、私もこれは楽しみです。
ミンナガンバレ!

皆さま、なにとぞお越しくださいますよう伏してお願いいたします。
あ、そうそう!
入場無料ですが、ぜひカンパもお願いします
Merry Christmas!
------------------------------------------------------------
確かに初演の「パクさんのリアカー」は感動的な作品だったと思います。
また作品もさることながら、朗読劇を勉強なさっている人の参考にもなると思いますので、ぜひ行ってやってください。
宜しくお願いいたします!


posted by DNA計画 at 00:00| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

2015クリスマスカード

今年もクリスマスがやってまいりますっ!!
最近は商業的にハロウィーンに押され気味のクリスマスですね(笑)
ですが、今年のクリスマスは参加タレントの岩鶴恒義が主宰する「梯雲演戯ワークスタジオ」が母体となっている「サンタクロース弁護団」が4年ぶりに朗読会を開催するので、いささか特別です

2015クリスマスカード.jpg

そんなわけで例年イラストを中心にしたクリスマスカードでしたが、今年は公演情報を中心にしました。

今年も「年賀ハガキ」は使わず、「お年玉付き年賀切手」(52円+3円の寄付金)を使用しています。
少し経費が高めになりましたが、「年賀ハガキ」は書き損じたり重複が出ると当方の場合はストレスになるので、印刷がすべて完了してから切手を貼るやりかたのほうが精神的には楽でした。
もちろん表には【年内配達】という表記も入れていますので、どうやら無事にクリスマス前にクライアント様がたのお手元に届いたようです。

どうぞ素敵なクリスマスでありますように…

posted by DNA計画 at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

某タレント養成所でナレーションのレッスン PART6

例によって某タレント養成所にナレーションの出稽古に行ってまいりました。

私はレッスンの最初には必ず「幅広く質問するように」と促します。
たいてい質問は出ません(笑)
その理由は簡単で、「日ごろ勉強していない」か「実は、本当は、声優や俳優の仕事に興味がない」か「わかっているつもり」のいずれかです。

それでもおひとりの受講生ががんばって質問なさいました。

「日常において手っ取り早く効果が出る練習はないか」

いいですね〜。この「手っ取り早さ」は多くが求めるところです。
テレビ通販などでも「手っ取り早く」キレイになる、やせる、鍛えられる、健康になる、のがもてはやされているようですからね(笑)
残念ながら技術訓練では「手っ取り早さ」というのはなかなかありません。
ただ、間違った訓練方法や、手っ取り早そうにみえて実は非効果的な訓練というのはあります(笑)

そこで「発声」の理論について1時間ほど説明しました。
途中、いくつも設問をし、それぞれについて考えてもらいましたところ、様々に回答してくださいました。
「考える」というのは本当に大切なことです。回答の正誤は関係ありません。「考える」ということこそが大事なのです。

さて、問題はそれら回答の中に私には理解できない言葉が多くあったことです。
それは「メリハリ」「強弱」「切り替え」「間」「表現」「感情」などです。
おそらくこれまでの演技などの訓練の場でよく耳にし、身に染みついたのだろうと推測します。
もちろんそれらの言葉の意味が理解されて使われているのならあまり問題はないのですが、おそらく意味は明確ではないのだろうと思います。それはその語彙の使われている文脈を推敲すればわかります。また意味を間違って解釈している可能性もかなり高いと思われます。

演出に「そこはもっと表現して」と指摘されて、表現できるようになるのでしょうか?(笑)
「表現」という言葉の意味を明確にわかっておかないと(「知って」ではなく)表現のしようもありません。
演技やその他、表現を教える「先生」は、ダメ出しに使う言葉の定義をちゃんと受講生に教えておかないといけません。
もっともいくら教えても、それは単に知識として伝えただけで、受け取る側が「わかって」いないとどうしようもありませんが(笑)

「知っていること」と「わかっていること」は違います。
posted by DNA計画 at 15:51| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
心温まる大人向けのクリスマスメルヘンですクリスマスに贈る物語 パクさんのリアカー

お求めはAmazon(電子書籍)で〜

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。